古くから使われている印鑑

イメージ画像

誰もが持っている印鑑。
今や100円ショップなどでも買えてしまう印鑑ですが、昔は権力のある人たちが持つことを許されたものでした。

日本の歴史に詳しくなくとも、日本で一番有名なはんこといえば「漢委倭国王の金印」ではないでしょうか。1784年に福岡県で発見されたものです。
現存している日本の最も古いはんこといえば「大連の印」というもの。

外国との交易が始まるとはんこの役割は政治的な要素を含んだ物になったというのです。
戦国時代には戦国武将が力を持ち始め、その権力を見せつけたり、どんな風に見られたいかということが分かるような独特のはんこをつくったようですね。
このはんこを使って重要な書類や大事な仕事には必ず使用するということのようでした。
はじめは家紋をはんことしてつくっていたようですが、だんだん独特のデザインのはんこへと変わったようです。
なんだか会社のはんこのようですね。戦国大名は一国の主。今でいう会社の社長みたいなものですね。大名の持つはんこは今でいう会社の実印、代表印のようなものでしょうか。

一般の人が印鑑を持つのは明治時代だとか。
本人の確認をするためには名前と印鑑を併用することで義務化されたのが始まりで、国民にとっては嬉しいものだったようです。

「印章の日」というものができてしまったというんですから。
今では誰もが持っている印鑑にも歴史があるんですよね。そういったことを考えると、大事に使わなくちゃいけないなと思います。日本では印鑑社会で、印鑑の効力というものはとても強いものです。
それだけ危険も隣り合わせだということですから。

〔おすすめサイトピックアップ!〕
高品質なだけでなくサービスが充実!
印影デザイン確認サービスでどのような印鑑になるか見てわかるから安心!
値段以上の満足感は印鑑ネットから

このページの先頭へ